Profile

1981年9月10日生まれ。
幼少の頃、世界的に活躍した旋舞手・故Bondoq(ボンド)のスーフィー旋舞に出会い、スーフィー旋舞手になることを志す。

1999年、エジプト文化省直属『Al-Tannoura Troupe(エジプトタンヌーラ民族舞踏団)』に入団。若手ながらにしてベテラン旋舞手にならぶ多彩な旋舞技術と表現力で人々を感動させ、エジプトだけでなくトルコ、ロンドンなどでも高い評価を受けた。

『Al-Tannoura Troupe(エジプトタンヌーラ民族舞踏団)』ではスルタン・ゴーリー隊商宿で行われている同団のスーフィーの旋舞ショー他、豪華客船クルーズやナイトクラブに出演するなど幅広く活躍。
また同団の次世代の若手旋舞手育成のため講師も務める。

過去、海外では2006年、イタリアで公演された神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世の物語が舞台となったミュージカル劇「FEDERICO㈼−LULTIMA DANZA(最後のダンス)−」に出演。
2007年にはトルコのコンヤで行われたスーフィー最大のフェスティバル「INTERNATIONAL YOUTH MEETING UNDER THE BREADTH OF MAWLANA」に参加するなど、他、イギリス、ポーランド、シンガポール、オーストリア、アイルランド、イエメン、南アフリカetc…世界各国で旋回舞踊を披露。
エジプト映画『alwan el sama el sab3a(7th Heaven Colors)』ではSufiの旋舞手を演じた俳優・ファロー イルフィシャウウィーがSUfiを披露するシーンの代役として抜擢される。
また、メディアではMohamed Mohy(ムハンマド モヒー)のミュージッククリップ『Mazloom』等にも出演。

2011年より活動の地を日本へ移し、タンヌーラ・スーフィーをより多くの人たちへ伝えるため、タンヌーラショーをはじめ、インストラクターも務める。

Al-Tannoura Troupe(エジプトタンヌーラ民族舞踏団)とは

『Al-Tannoura Troupe』とはエジプト文化遺産の継承のため、1988年にエジプトの文化省で設立された「エジプトタンヌーラ民族舞踏団」のことです。現在はエジプトのスルタン・ゴーリーの隊商宿にて毎週水曜日と土曜日に旋舞ショーが鑑賞できます。また、同団は世界中で高く評価される民族舞踏団として各国で開催されるイベント、フェスティバルに招かれ、アラブ、ヨーロッパ、アジアを中心に公演を行っています。